玄関ドアリフォームは価格以上の得を生み出しますよ。

玄関ドアリフォーム時に認識の食い違いを防ぐチェックリスト

  • リフォームする範囲は希望している範囲か
  • ドアの色や種類は正しいか
  • リフォーム代の認識違い
  • 工事後のアフターサービスはあるのか

ドアの開け閉めを楽に

玄関ドアの種類はいくつかあります。それによって、開き方まで異なるでしょう。開き戸やスライドタイプが基本で、それぞれ良さがあります。例えば、お年寄りの方や車椅子の方でも楽に出入りしやすいのがスライドタイプの玄関ドアでしょう。また、開き戸ならいろんな機能やデザインがあり、手軽に新しいドアへリフォームがしやすいのです。気に入った玄関ドアへ思い切ってリフォームをしてみましょう。

玄関ドアリフォームとは

玄関

玄関ドアリフォームするメリット

玄関は自宅の入り口で、幸せを取り込む場所と言われています。またお客様が来られた時に家の印象が玄関で決まると言われるくらい玄関は自宅の中で重要な場所なのです。玄関ドアリフォームをすることで大きなメリットを得られることにも繋がります。そのメリットには2つあります。1つは防犯性が高まる、もう一つは家の印象がよくなることです。最初に1つ目の防犯についてです。自宅の玄関は泥棒に注目される場所です。玄関は自宅から外にでる最後の場所です。しかし、戸締まりは完璧なのに玄関だけカギを閉め忘れてしまったり、カギを鉢植えの下に隠したりとしている瞬間を見られたら、泥棒に狙われてしまいます。ですが、玄関ドアリフォームでドアをオートロックや指紋認証機能があるドア、勝手に開けようとしたらブザーがなるなどの防犯機能がついたものなら、泥棒も迂闊にてが出せません。特に周りが住宅街の方は玄関ドアリフォームをオススメします。2つ目の家の印象です。玄関で家の印象が決まるため、玄関は綺麗にしておく必要があります。しかし、薄暗い、タイルが割れている、靴箱が古い、ドアが殺風景などのイメージがついてしまいます。もし玄関ドアリフォームをしたら、風通しも良くなり、外の光が差し込みやすくなり、明るい玄関になります。

玄関ドアリフォームの相場は?

住宅のリフォームには様々な種類があります。キッチンやバスルームなど様々です。玄関のリフォームも対象になっています。玄関のリフォームはドアの交換、下駄箱を替えたり、床タイルを貼り替えたりします。そのため価格も変わっていきます。玄関ドアリフォームのみなら、約25万から40万が相場と言われています。